このページの先頭です

精力剤とED治療薬の違い|効き目・効果・成分を比較

28views

投稿日:

精力剤の効き目・効果・成分は?

精力剤の効き目・効果

精力剤は文字通り、精力をアップさせる効き目・効果を持っています。最近では通販で購入できる精力剤が増えてきました。店頭では恥ずかしいという方でも気軽に入手することが可能です。

精力剤の成分

精力アップが期待できる成分にはたくさんあり、精力剤によって違いがあります。特に良く配合されているのが次の成分です。

  • マカ
  • アルギニン
  • トンカットアリ

マカはどんな成分?

マカは南米のペルーに自生しているアブラナ科の植物です。過酷な環境で育つため、大地に含まれている栄養素をたっぷり吸収します。カルシウム、鉄、タンパク質、亜鉛、ビタミン、アミノ酸、脂肪酸など多種類の成分が含まれています。

優れた精力増強作用から天然のバイアグラとも呼ばれました。男性の精力にはテストステロンの分泌量が大きく関わっています。緊張やストレスなどが続くとこのテストステロンの分泌量が減少し、ホルモンバランスが乱れることがあります。しかし、マカにはホルモンバランスを整える効き目・効果もあるといわれており、精神面から来る精力減退にもその効能が期待できます。

アルギニンはどんな成分?

アミノ酸の一種であるアルギニンには、一酸化窒素の生成をサポートする効き目・効果があるといわれています。一酸化窒素が体内で生成されると血管が拡張します。血流を改善させる効き目・効果があるため、勃起力アップが期待できます。その他にも成長ホルモンの分泌をサポートする、免疫力をアップさせるなど様々な効き目・効果が期待できる成分となっています。

トンカットアリはどんな成分?

トンカットアリは東南アジアで栽培されているハーブの一種です。古くから精力アップに良いと親しまれてきました。トンカットアリにはテストステロンの分泌を促す効き目・効果が期待できるといわれています。テストステロンは男性らしい体格や骨格づくりにも役立つ男性ホルモンです。そのため筋肉量のアップも期待できるといわれています。

ED治療薬の効き目・効果・成分は?

ED治療薬の効き目・効果

ED治療薬はED勃起不全を改善させる効き目・効果があります。血流を改善し、勃起力をアップさせるというED治療薬が多くなっています。ED治療薬はドラッグストアでは入手ができません。医師から処方を受けることが必要です。海外医薬品の個人輸入代行サイトで購入するという方法もあります。しかし偽物には注意が必要です。

ED治療薬の成分

ED治療薬として有名なのがバイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類です。バイアグラにはシルデナフィルという勃起抑制酵素の働きを阻害する効き目・効果を持つ成分を配合しています。この酵素の働きを阻害することで勃起力をアップさせています。血流を改善させるED治療薬のため、性的刺激が必要です。

レビトラにはバルデナフィルという成分を配合しています。勃起は体内で一酸化窒素が生成され、cGMPという血管を拡張させる物質が増えることで始まります。勃起が治まる時はPDE5という物質が増えます。バルデナフィルにはPDE5の働きを阻害し、勃起力をアップさせる効き目・効果があります。

シアリスではタダラフィルという成分を配合しています。タダラフィルは効き目・効果の持続期間が非常に長いです。バイアグラやレビトラの持続時間は4時間から6時間といわれています。しかしシアリスなら最大36時間もの持続時間があるのです。行為のタイミングを気にせずに飲みたいという方にはシアリスをおすすめします。

精力剤とED治療薬の違い

精力剤とED治療薬では即効性に大きな違いがあります。精力剤の場合、即効性が期待できるものは少ないです。継続使用によって体質から改善していくことを狙っています。即効性を期待したいという方にはED治療薬の方がおすすめです。

ED治療薬では医薬品成分を配合しています。精力剤では植物由来、アミノ酸由来の成分が多いという違いもあります。そのため副作用が気になるという方は精力剤の方をおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です