このページの先頭です

精力剤購入時の注意点【成分・原料】効き目の高い商品に出会う為に

26views

投稿日:

精力剤の成分と原料

精力剤を購入する際に注意しなければならないのが成分と原料です。精力剤によって配合されている成分と原料は様々で、効果や効き目も大きく変わってきます。精力剤の成分として代表的なのはアルギニン、シトルリン、亜鉛、ビタミンB群です。

精力剤の原料には植物系と動物系があります。植物系として代表的なのはマカ、クラチャイダム、高麗人参、トンカットアリです。動物系として代表的なのはすっぽん、まむし、ランペップ、牡蠣です。

このような成分と原料がどのような特徴や効果を持っているかを知っておくことで、精力剤の効き目を推し量ることができます。成分と原料に注意を払うことで、自分に合った商品に出会うことができるでしょう。

各成分・各原料の特徴と効果

アルギニン

アミノ酸の一種で、成長ホルモンの分泌を促進したりアンモニアを解毒する効果があります。アンモニアを解毒する時に一酸化窒素が作られ、一酸化窒素の血管を膨張させる作用によって血行が良くなり、疲労回復や免疫力向上につながります。一酸化窒素は勃起に欠かせない成分でもあるので、下半身にお悩みの方におすすめです。

シトルリン

アミノ酸の一種でアルギニンと同じような効果があります。シトルリンはアルギニンよりも吸収効率が良い成分ですが、一般的な食事からは摂取することが難しいので精力剤から摂ることが重要になります。

亜鉛

体内で作ることができない必須ミネラルで、セックスミネラルとも呼ばれています。精子量の増加や性欲向上に効果がありますが、これもまた日本人の食生活では摂りづらい栄養素です。

ビタミンB群

体内で栄養素をエネルギーに変える効果があります。ビタミンB1・2・5・6・7・9・12・15と8種類あるのでバランスよく摂取するのがおすすめです。

マカ

南米ペルーのアンデス高地産の植物でアミノ酸、ミネラル、リノレン酸、パルミチン酸、オレイン酸が豊富に含まれています。性欲向上、ED改善、疲労回復などに効果があります。生理不順や不妊症の改善にも効果があるので女性にもおすすめです。

クラチャイダム

タイ産のしょうがの一種です。滋養強壮、精力増強、疲労回復、ED改善などの効果があり、タイでは1,000年以上前から精力剤として使われてきました。11種類のフラボノイドも含んでいて、その抗酸化作用も注目されています。

高麗人参

古くから漢方などで使われてきた植物で、消化吸収力・体力の向上や血行促進、生活習慣病の改善に加えて男性機能の改善の効果もあります。その効果の高さから万能食といわれています。

トンカットアリ

東南アジア原産のハーブの一種で、グリコサポニンやユーリコマノンを含んでおり、男性機能の改善に効果があります。栽培するのが難しく、その希少価値から高価で取引されています。

すっぽん

昔から精のつく食材として広く知られていて、必須アミノ酸、コラーゲン、ビタミンB群などが豊富に含まれています。滋養強壮、精力の低下、貧血などに効果があります。

まむし

沖縄以外の日本全国に生息していて、血行促進、血液量の増化、体力増強、疲労回復などの効果があります。皮と内臓を取り除いて乾燥させたものを反鼻といい、漢方薬として知られています。

ランペップ

卵白に含まれているペプチド成分で、アミノ酸の吸収効率を高める効果があります。体内で一酸化窒素を発生させる作用もあるので、血管を拡張させて勃起をサポートします。

牡蠣

海のミルクとも呼ばれるほど栄養豊富で、亜鉛、ビタミン、カルシウム、鉄分、タウリンなどが多く含まれています。栄養ドリンクに含まれている成分がそのまま含まれているような食材です。亜鉛による精子の生成や精力アップが期待できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です